生活習慣病での受診の流れ・料金

生活習慣病

高血圧・脂質異常症・糖尿病といった生活習慣病は慢性的な疾患であり治療の継続が必要です。治療を継続していくにあたって病状の変化に応じて薬の量を調節したり副作用の有無をチェックするために血液検査を行う必要があります。

それではどのようなサイクルで治療を継続していけばよいのでしょうか?具体的なイメージがつかみやすいようにご説明させていただきます。

高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病の場合

①初診時には現在の状態を把握するために血液検査・尿検査(その他必要な検査があれば適宜)を行います。既に他院で治療をされていて紹介状をお持ちの方やお薬手帳をお持ちの方は持参してください。余分な検査を省くことができたり、治療を開始するにあたって大変参考になります。

②問診・診察・検査・診療情報提供書などから適切なお薬を決定し、患者さんの生活サイクルの中でできるだけ飲みやすいように処方いたします。

③治療を開始したら「治療の効果を判定するため」「副作用の有無を診るため」におよそ2~3ヶ月おきに診察と血液検査・尿検査などを行いながら経過を診ていきます。

④問題となっている異常(高血圧の方は血圧・糖尿病の方は血糖値・脂質異常症の方はコレステロールなどの脂質)が改善し安定してくれば検査の間隔を伸ばしていくことも可能です。

以上のように①から始めて②・③を繰り返して薬を調整し④の状態へもっていくのが大まかな治療の流れです。もちろん薬だけでなく食事・運動の改善によっても改善が認められることはあります。

診察料金

診察にかかる費用は

診察代+検査費用+薬代

でおよそ¥3000~¥4000くらいが目安です(3割負担の方の場合

ただし検査の内容や薬の種類によっては金額がある程度変動することはご了承ください。

千代田区神田の夜間診療 | あさのクリニック
タイトルとURLをコピーしました